千日紅

日常ぼやいてます。

調べて観たら 崇徳院

落語で崇徳院ってのがあってね。

百人一首が出てきて、解らなくて悔しくて、小学生が読むような本で調べました。

かな文字で今度書いて、みようかな。

崇徳院も調べました。

百人一首の言葉って優雅で儚いな。

今まで 、いろんな形で残ってるって凄いことだな。有形無形でも伝統や物語をずっと守ってるって、凄いことだなー。

年を重ねると、やっときずくのですね。。。

若い時には全くきずかなかった。

凄い百人一首を作った背景や事柄、映像を想像してしまう。

単純かな。


f:id:kikobay382:20190419064131j:image

落語って奥が深いなー。

ありがたいなー。

四季があり、ならではの叙情。

昨日は桜の花びらが、ハラハラ舞っていた。

この間天気予報を見ていたら、こんな数えかたあるんやとパチリした。


f:id:kikobay382:20190414111622j:image

ふーーん。

そっか。

そそ思い出した。

落語で百人一首だか万葉集だかわからないけど、喋ってはった。後輩はめっちゃ知ってたようで、笑顔やった。自分の教養のなさに凹む。

それは高校の時やったらしい。

きっと、映画のちはやふるに頷くのかな。

 

いとおかし

の世界。

風情がありますなー。

 

隅田川の川舟

楽しみしていた落語行ってきた。

でも何か不消化だ。テンポがあまりにも新幹線を外で見てるみたいに、ゆーアンダースタンドの部分が怪しいのだ。それにイチイチ用語が?聞き慣れない。コンピューター用語みたいにわからないことがある。ビデオで3回ぐらいみたい。案の定。最後の落ちがへ?ってなるときある。不思議。漫才は爆笑で終わるけど。落語のおちは粋だなと思う。終わってからもやもやした。完全に理解出来ないことがもやもやして悔しい。自分の馬鹿ぶりが情けなくて敗北感を感じる。もの凄い集中力で聴いているのに、集中し過ぎて意識どっかにいってるんかな。帰ってからネットで調べようとか落語用語辞典いるなーとか、大岡越前みようとか学習しなきゃ。終わって敗北感強くて師匠は、高座を降りてヘトヘトだったろうに幕際では小走りで、誰よりも早く会場内から出て行くお客さんを出口の外で見送ってくれていた。サービス精神満点で、お客さんに囲まれてめちゃくちゃ写真撮らせてた。前 、師匠の本出版があったので買おうといきごんでた。サインをして貰おうと筆ペンやら、握手やら、何て言おうとか、写真とって貰おうとかだったら、もうちょっと見栄よくしようと朝から美容院に行った。お洒落など全く興味がなかった。美容院でシシドカフカちゃんかちょっとこのまま伸ばすか悩んでいると言ったら、今日きた雰囲気からもうちょっと伸ばしてみてもいいんじゃないかとアドバイス貰った。いつも女の人に切って貰うが前回はお休みで男の店長さんしかいなかったので思いきっていつもと違う要求をしてみた。可愛らしい感じでと。自分で言うのも恥ずかしかったけど。その余韻を残した髪で言った。なんせ年くってるので染めないと。でも大きいで言うの恥ずかしいし、グレイ染めだったか?言葉用意しかかったらいつもの女の人、真横で大きい声で白髪染めですね❗って言うんだよ。どsか。恥ずかしかった。ほんで、今日は落語聴きに行くんだと言ったら、コテでくるくるしてくれてスプレーぷわーとしてくれて、まるで昔少女漫画で流行ったベル薔薇でお姫様がくるくる巻いてたみたいなのを思い出した。心が高揚して雨で長靴も履いてきたので、スキップして帰りたいと行って店を出たら雨止んでて。傘ささなくてテンション下がって歩いたらスキップしてないやんと背後から言われた。どs目。歩いていると何度もガラスごしで自分の髪をみた。でも完全に髪と首から下のファッションと合ってないし、今日もお気に入りのグッツtシャツ 。ファッションなど無縁過ぎて着るもんないしどう組み合わせたら良いかわからないのだ。裸で歩いたら逮捕されるので着てるだけなのだ。話がめっちゃそれたけど、それぐらいいきごんで行ったのに落語が終わり自分に落胆し、どんよりし師匠を囲む人だかりをすーと抜けて帰ったのである。

落語は聴く側もIQいるなー。昔の歴史に残る人や偉い人は落語に通ったり、弟子入りして落語もしたりしたそうな。

20歳代の後輩も誘った。その子もめっちゃ笑い落ちも理解出来たらしい。楽しかったと涼しい顔で言っていた。

実は3月も遠征して行く予定だった。なんせあの有名人さんとのコラボレーションだったもん。チケット取ってた。が、しかし休みどうしても取れず。楽しみが延期になりめっちゃローテーション。笑いに飢えていた。鎖で繋がれたワンコがヨダレを垂らしながら、

餌を待っている状態だ。

上記では理解出来なくて自分自身はどんよりしたと書いたが、御多分に漏れずどっかーんどっかーんと両太腿叩きながら大笑いした。

ずっと笑ってるばかりで今度は人情もんできっと、泣ける話かなと思ってハンカチ出して泣く用意したら、ハンカチ落としそうになるぐらいばか笑いだった。

師匠さんの3演題ともう一人の若手は誰かな。PRチラシのイケメンの顔のつるってしてそうな落語家さんかなとウキウキしてたら眉毛の太い髪の毛ポマード塗って2つわけにした暑苦しい人が出てきた。わーーと迫力というかうるさい感じだった。が、狡いなー。どんどん話にのめり込んでいく自分が解る。天井に穴が空いていても褒める話だ。めっちゃ面白かった。あそこに座ると全身ずぶ濡れになるほど汗をかくようで落語の話なのか、本当に汗吹きたかったかわからんぐらい手拭いで汗拭いてた。話は聴く側を想像させた。まるで登場人物がそこにいるような、筆でさらさらと書いているような。素敵な創造な空間となった。いっけめーんやったら顔ばっかみて本題が印象薄くなるかもしれんから、いっけめーんも脳の解釈の問題から考えもんかもしれんな。私は本当に真剣に音を聴きたい時には目を瞑ったりする。

あっそうか!!

落語に来てたおっちゃんお金払ってわざわざ来てるのに、腕組んで目をつむって寝てるわ。昨日寝れなくて疲れてんやなと思い込んでた。真剣に聞いてんやな。

とかってに解釈している。

 師匠の話は3つあった。

情報量が多過ぎてごっちゃになってしまい情けないけど、どんなストーリーやったかちょっと忘れた。

でも、隅田川を渡る舟の中で師匠がお話されて、終わったら反対を通る舟にポンと乗るのが一番受けたって言っておられた。

 

頭の中で桜満開の風景が写しだされた。

 

上野でも桜綺麗やろな。

仇討ちと見せかけて冗談だったとみんなで爆笑する話。面白かったー。8歳の子が落ちているお金が何なのかわからない話。

銭型平次のお金の裏には波うってるんか。とか、刀のつばの後ろにも模様があるんやなとか。

師匠さんは桜咲いてる時期にこの演題を用意してくれたんやな。

なのに、その日は東京の方では雪が降っていて雪桜になってたみたい。

桜満開で宴会しているのや、華やかに彩っているのが眩しすぎてちょっと遠ざかりたいことが多い。

 

桜は散って下に落ちていくのが儚くて切なくて悲しくなる。

 

だけど、今日落語聞いていると、

 

落語の中の木の舟で、隅田川の桜や川に舞い落ちている桜の花びらの川をゆったりしたら素敵やろうなー。と落語の本題とは全く関係ないことまでも創造してしまった。

 

あるかどうかは知らんけど。

 

今日の師匠さんの落語は大爆笑だけでなく、桜時期の知的で素敵な粋な落語だった。

 

昔の画でみた隅田川に行ってみたいな。。。

憧れる。。。

 

ps その日は雨だったけど朝から天皇陛下のプロポーズの言葉が衝撃で、素敵で。おまけに結婚記念日で歌の会が偶然あってテレビを見ることが出来た。全部見れた。

 

山中教授やらたけしさんやらYOSHIKIさんやら祝辞を述べられ、ユーミンが着物で歌った。何故かハンカチを持って感動でジャーじゃー泣いた。MISIA圧巻。ゆずも出ていた。

 

だからかな

 


f:id:kikobay382:20190412104751j:image

蟹タワー


f:id:kikobay382:20190412104807j:image

人面魚

 

 

ラジオで落語

ラジオで落語を聞きながら、全く級が上がらないかな文字と闘う。実は4日も休みあっても引き込もってかな文字と、ペン字と闘ったのにちっとも上手くならない。上手くいかず今度は習字教室をサボった。上手くいかなくてグジャグジャぽんだ。どうも性分に合わんらしい。で、初めてラジオで上方落語を聴いた。上方落語は旦さんが、旦さんと言わはる。江戸時代にタイムスリップする。いや、かな文字はもっと前だろうけど。江戸と平安時代と現代とへんな空間だ。かな文字かけない。大筆はガンガンと書いて気持ちいい。スカーする。かな文字はゆっくりゆっくり丁寧に書きなさいと言われている。やることはモタモタしているが、案外せっかちなのでイラッとくる。どうも小筆の繊細な毛一本に集中するような気でないと書かれんらしい。イラッとくる。どうやら、私の人生の課題らしい。めんどくさっ。めんどくさいけど腹が立つ。出来ないから腹が立つ。悔しい。悔しさを感じなければ人間成長しないらしい。この前伊集院静さんがテレビで言っていた。随分この人人間的に格好いい人だな。名前は聞いたことあるけど。夏目雅子さんの旦那さんやったんやな。ハードボイルドで格好いいな。もっと何か凄い胸打たれること言ってたな。ああ忘れた。メモしたら良かった。今こんちきしょうと自分に腹が立ち一生懸命やっていることは決して無駄なんかじゃないと信じたいわ。でもかな文字が上達することが、何の得なのかさっぱり分からない。もうイジイジする。かな文字はこんなに自分に怒りを持ちながら書くもんなんやろか? ウキウキしながら書くもんじゃなかろうか?  堂々巡り。ラジオの落語を聞きながら音と言う文字をひたすら書いていた。どうも性分に合わんなー。

     one okuの歌がよく耳に入りかっこいいなと思ったらなんとキングダムの映画やるらしい。ちょっとしかマンガで読んでないけれど覚えてるわ。観たいみたいっと思ってるぐらいだから、おしとやかにかな文字書けないなー。せめぎあってる。落語聞きながらやってる時点であかんかな?

 

昔の歌番組

ラジオを聴いていると、昔どこかで聴いたような中学生ぐらいかな。懐かしい感じがした。NHKで太川陽介さんと石原なんやったかな。司会でトシちゃんやら聖子ちゃんやら持ち歌でない曲を歌っているのをテレビにカジリついて観ていた。今思えば洋楽を訳して歌ってくれていたんだと。当時観ていて良かったーと思う。最近太川陽介さんはバスに乗っている姿を観たが、当時司会で神様のような存在であった。今更だが、いい番組やったなー。いっけめーんバッカリやったし。

 

何で日曜日の朝こんなことゆうのかと言ったら、昨日テレビで、家売るのドラマで松田 翔平くんが出ていて、観るのも照れるぐらいイッけめーんで、おばちゃんはときめいた。良いことがあったので、書きたかったのである。

体験学習

スッゴク前から楽しみしていた、数々の体験。偶然にも数年かけてやっとお休みがそのの日とあったのだ。

 

ステンドグラスとデコずし。

 

物作りってなんて楽しいんやろ。

 

簡単には、アレンジしてくれたみたいだけど

デコずしだと、切るのが難しいし、

ステンドグラスだと角が難しい。

だけど、変やな難しいことにぶつかった時、面白いと思った。


f:id:kikobay382:20190323144532j:image


f:id:kikobay382:20190323144549j:image